【声の仕事情報】
・「歌謡ポップスチャンネル」 (スカパー! 329ch / J:COM 354ch)
 番宣CM、チャンネルガイドナレーション レギュラー


・『耳より!通販情報』 EXスポーツ / DATV (スカパーCh.609 / Ch.653)
 番組ナレーション レギュラー


・日本香堂プレゼンツ インターネットラジオ「癒しの香ギャラリー」土曜DJ
 http://www.184net.jp/index.html

・FOXチャンネル/ FOXスポーツ ミニスポット番組「FOX BREAK」にてナレーションを担当

・「ISU四大陸フィギュアスケート選手権2016における国際ボランティア」レポートムービー
 &TOEIC Speaking & Writingの解説動画ナレーション

 http://www.toeic.or.jp/iibc/volunteer/skate/index.html

・ジェミールフラン メルティバター『朝起きた瞬間から髪がまとまる上手な乾かし方』動画ナレーション
 https://www.youtube.com/watch?v=M1YsKIc1hc8

・12/9(水)17:00〜
 TOKYO MX「5時に夢中!」内 ネスレ日本紹介VTRナレーション

 http://tyranny670.livedoor.biz/archives/52256105.html
 
・8月9日(日)20:00〜20:55
 チバテレビ「第38回柏まつり」 ナレーション (出演:デンジャラス・安藤遥)

 http://www.chiba-tv.com/info/detail/5335

・「ペン字の花道」紹介動画ナレーション
 https://www.pen-hana.com/

・DRIPPOD コーヒー通販 UCCドリップポッドストア 紹介ムービーナレーション
 http://drip-pod.jp/drippod/lp/

・株式会社リクシル グランドライン ラフィス:施工方法説明動画 ナレーション
 http://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/grandline/gallery/default.htm

・ドクターショール「寝ながらメディキュット ロング」店頭用CMナレーション
 全国のスーパー・薬局等の店頭にてご覧頂けます。
 https://www.youtube.com/watch?v=MwoZ9si4Stg

2016年05月09日

IRON MAIDEN 両国国技館LIVE 4月21日(2日目)レポート

IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

IRON MAIDEN 両国国技館LIVE 4月21日(2日目)レポート

お待たせしました!いや、待たせすぎだろ!
すみません、自分のライブやら仕事やらに追われていただけではなく、
これを終えたら本当にメイデン祭りが終わるんだなぁ…と思ったらなかなか手を付ける事が出来ずにいました。
常軌を逸するセンチメンタル。そう、それがメイデンロス。

そんなわけで再びみんなに容赦無く浴びせる「メイデンロス復活ウェーブ」第二波。
割とみんなが「2日目も短くしなくていいよ!」って言ってくれたのを真に受けて、
今回も「スクロールバーびゅーーんってやってもまだ終わってない」仕様でお送りしたいと思います。
初日レポートはこちら。

それじゃあ4月21日、2日目いっくよー!


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

2日目は、初日の爽やかな晴れ模様とは打って変わって、この有様。 暗っ!!!
BRAVE NEW WORLDのジャケットばりに、明らかに怪しい雲行き。
天気予報は、曇りのち雨。
でも、大丈夫。
メイデンと、メイデンファン達のポジティブなパワーを持ってすれば、雨雲なんて吹き飛ばせるさ!
なんだかんだ言って、その内に太陽が見えてきて「いやー結局晴れてよかったねー」なんて笑い合う事になるのさ!
そう思っていた時代が私にもありました。

この日は、既にグッズ購入済みだった事に加え、初日の燃え尽きもあって、夕方近くになってから会場に到着。
駅に着いて電車降りた時点でいきなりメイデン女子部メンバーとバッタリ遭遇するなど、
「やはり…!メイデン好き同士は、引かれ合う…!!」
とジョジョ立ちしながら唾を飲み込みたくなるような展開を経て、そのまま流れるようにTHE 正装へと着替える事に。



IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

はい!正装!!

目に痛い、イエロースパッツ。かさばってしょうがない仮面。
2日目は、World slavery tour、特に85年のROCK IN RIO辺りの衣装+Powerslave仮面スタイルです。

そして、全く打ち合わせ無かったのにも関わらず、World Slavery Tourバージョンのエイドリアン・スミスで来る相棒。
なにこれ、どうなってるの。
なんで上手いこと揃っちゃってるの。
私、「World Slavery Tour合わせ、やろ!」なんて言わなかったよね?!

完全にここだけコスプレ会場の空気。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

実は正確にはこの仮面は85年バージョンではなく、2008年Somewhere Back In Timeツアーバージョンだったりするんですけども、苦労して作ったしこっちの方がインパクトあるのでそのまま使っています。
私がひたすら人差し指を立てて腕をクロスしているのは左図を意識してるんですね。
全く伝わってないっぽかったですけども。
それにしてもこの85年ブルース、田吾作フェイスを極めすぎじゃないですか?



IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

意図せずたまたま偶然「World Slavery Tour」合わせになる二人。

ちなみにこの時点で既に雨がパラパラと降り始めています。
さ、寒い…。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

そして世界を繋ぐスパッツ。


この日は特に、海外ファンの人たちに「一緒に写真撮ろう!」と声掛けられる事が多かったです。
初日よりも分かりやすくて目立つもんね。やけに黄色いし。
誇張じゃなくて30人ぐらいの人に撮られたけど、あの写真はどうなったんだろうか…(笑)
遠くの方からとりあえず「Powerslave!!!!!! Hooooo!!!!」とだけ叫んでくる熱い外人さんも居たりして笑ったな。

メイデンが共通言語になって国と国の垣根を超えて交流出来たのは何ものにも代えがたい体験でした。
同時に、もうちょっと英語勉強しなきゃいかんなーと痛感(^O^;)
次の来日までにはなんとか…頑張ります。

あと、また「ブログ読んでます!」って声掛けてくれる人も結構いて、嬉しかったです。
ほんと、マイペース過ぎる更新ですいません!
読んでますかっ?気合いれて書きましたよ!


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

仮面装着ブルースは縦に長いので、傘を持つのに苦労するエイドリアン・スミス。

いや脱ごうよ仮面。
無情にも、開場を待っている間にだんだんと強くなってくる雨脚。
パラパラどころじゃなく、結構マジのトーンの本降り。
この格好で雨に晒されるの、切なすぎます。

濡れちゃう…!仮面濡れちゃう…!!!


そんな感じで、震えながら開場待ちをしている内に、再び集まってくるメイデン仲間たち。
ただ佇んでいるだけで、何人もの知り合いに出会う事が出来ました。やはりこの格好、便利!
この日もしっかりランドマークタワーの役割を果たせたのでした。
そして…


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

でた!メイデン女子部!!!!

アイアンメイデン公式スタッフさん、見てください。
女子もメイデン好きな人、いっぱい居るんですよ!
だからレディースTシャツもっと充実させてください!(要望)

いやーしかし、感慨深いですなぁ。
個別に会えている人はいるけど、こうやって集合するのは前回の来日公演@幕張ぶり。
8年の歳月を経て、今度は女子トイレ前ではなく、開場待ちの広場で集合を果たしたのでした。
って一人足りないんですけどね!(笑)
その分、みわっちや、メイデントリビュートバンド「鋼鉄の童貞」の詩乃さんも加わって、更に大所帯に。

新潟、京都、福岡、さいたま、東京と、各地に散らばる女子部が、
こうして再びメイデンの名の下に集まってくるのはグッときます。
髪をバッサリ切ってイメチェンしていたり、10代の女の子だったのが大人っぽく成長していたり。
8年も経てば、みんな何かしら変化があったり、素敵な積み重ねをしているんだけど、私…



8年前…

変わらなすぎて辛い。進歩してねえ!※こちら8年前の写真です



IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

何はともあれ、こうして無事に再び集まることが出来て良かった!

さあ、いくぞ国技館2日目!!UP THE IRONS!!!


…と勇んで足を踏み出したものの。
開場後も、入場チェックに時間がかかり、国技館の中にはすぐには入れません。
この、開場してから入るまでの時間が一番雨が酷かった!
もう、何もそこまで降らんでもってくらい、容赦なしの土砂降り状態。
握りしめたチケットも、仮面の羽も、へなへなになっていく…。



思わずRainmakerを口ずさみ始める私。

♪You tell me we can start the rain. You tell me that we all can change...

すると不思議な事に、この曲を歌えば歌うほど、雨乞いか!?って位どんどん雨の勢いが強くなっていく。
ハッ!とそれに気づいた、女子部さいこたんに指摘される。

「ダメだよ!その曲歌うと雨ひどくなる!」
「えっ、そうか、Rainをmakeしちゃまずいね」
晴れの歌にして!」
「メイデンで爽やかな晴れの日がテーマの曲なんてある?」
「太陽が出てくる歌とか」
「太陽…Sun…えーとえーと」
Brighter Than A Thousand Sunsとか」
「それは…太陽にも程があるというか…太陽というか核爆弾の曲だから、やめとこう…」
「じゃあ、Sun and Steelとか」
「おっ、それだ!♪Sunlight, falling on your steel〜


いくら歌っても全く晴れる気配ありませんでした。

…こんなアホな会話を繰り広げながら、どうにかこうにかして、ようやく国技館の中へ…。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

会場の外では出会えなかった、The ビールズなお二人、フミさん&佐倉沙菜たん、そしてこ〜ちんさんにも出会えた!
遠近法により、私の仮面の長さが絶妙なバランスの構図となっている。
見よ、このみんなの表情。楽しみで楽しみで仕方がないって感じ!



IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

2日目の席は、完全にどセンター。
Bブロックの前方だったけど、それでもやっぱり十分に近い!
しかも通路側の席だったので、右隣に気を使う事なく盛り上がれる嬉しい位置でした。

前座のThe Raven Ageは、初日と同じく体力温存タイム。
プレッシャーに負けずに一生懸命パフォーマンスする息子さんを温かく見守る。

ふと気づくと、隣でゴソゴソ、何かの包みを一生懸命手で触って確かめているみわっち…。
何事かと聞いてみたら

「メイデン女子部の詠春さんにもらったお土産があってね、
チョコって言われたから、お腹空いたら食べよう〜と思ってたんだけど、
なんか随分変わった形のチョコだなーなんて思ってよく見たらね、
チョコじゃなくて、おちょこだった…!!!


…なにその、おとぼけハプニング…!

本家メイデン直前にして、衝撃の天然を炸裂させるもんだから、爆音の中、膝から崩れ落ちてしまいました。
ちなみにそんなピュアハートなみわっちとは、再び新たなメイデンバンドを始める予定なので、お楽しみに♪(何をだ)

脱力感で程よくリラックス出来た所で(笑)
絶妙のタイミングで始まるSE、Doctor Doctor…!
その瞬間…

国技館が割れんばかりの歓声!!!!

おおおっ…!!!さすがは2日目。
2日間行った人なら分かると思うけど、もう盛り上がりの熱量レベルが違う。
初日よりも更にボルテージが上がっている。
合唱の声もかなり大きく、これは素晴らしいライブになるぞ、とこの時点で確信するほどでした。
そして私も、これがこのツアーでの私にとって最後のDoctor Doctorだという事を噛み締めながら、大声で歌う。



例のオープニング映像が始まると、客席は更に燃え上がる。
何度見ても、ワクワクさせる熱いオープニング。
ジャングルに墜落しているEd Force Oneって、よくよく考えたら縁起でもない気がしないでもないけど、
そういう事平気でネタにするメイデンが好き。
エディがEd Force Oneを助ける場面では、既に一回見ているというのに隣のみわっちと顔を見合わせ

「エディ、やっさしい!!!」

と目尻を下げる。これがギャップ萌えってやつだ。

会場に充満する、興奮と熱気。
暗転し、さあいよいよ登場だ…


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

マイ・ボス、マイ・ヒーロー、ブルース・ディッキンソン……!!

暗闇の中、スポットライトで浮かび上がる彼が歌う、「If Eternity Should Fail」のイントロ。
ゾクゾクと鳥肌が立つほど凄まじくパワフル。
すごい。2日目も絶好調だ…!
国技館に響き渡る、生命力に溢れた張りのある歌声。

全身全霊で、聴け、俺は帰ってきたぞ、俺はここにいる、と訴えているよう。
まさに、Here is the soul of a man…ブルースの魂はそこに。

初日はただ呆然と見つめる事しか出来なかったけど、
この日は自然と、合わせ鏡のように私も手を伸ばし、ブルースのアクションに合わせて動いてしまう。
後ろから見ていたお客さんにはさぞ怪しい光景だっただろう。

ちなみに、ブルースが儀式の壺に拳を叩きつける動きの時に出る、ダンッ!!!というSEはスタジオ版には入ってない。
なので、家で彼のアクションを真似しながら聴く時には(えっ)、ちょっと物足りない。

早よ今ツアーのライブ版CD出して……!!!


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

リズムインしてメンバーが登場した時には、もうアリーナは興奮の坩堝!!
その盛り上がりに呼応するように、バンドのパフォーマンスも初日以上に熱を帯びている。
私の前方に居たチリ人らしき男性ファンは、狂ったようにチリ国旗をぶん回しまくる。

熱い、熱いぞ国技館!!!


【ブルース、本日のイタズラその1】
パイロの炎を口でフーッと消そうとするアクションを何度もする。
スタッフがそれに気付いて、その炎だけ消してあげる。
そしたら今度はその消えた炎に「燃えろ!」とばかりに両手をかざす。
スタッフがそれに応じて、もう一度炎をボゥッと点けてあげる。
それを満足気に何回か繰り返した後、燃える炎に手を伸ばし、「あつっ!あちちち!!」と火傷したフリをして
「火怖い〜〜熱いよ〜〜」みたいなアワアワ怯えるアクションをする。

最初から飛ばすなあ(笑)


一連のお遊びが可愛すぎてキュンキュンきてしまいました。
そして、あ、これはゴキゲンなんだなと嬉しくなりました。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

Scream For Me TOKYOOOO!!!!


「Speed of Light」でも会場の熱量は下がる事はない。

ブルースの元気っぷりときたら、超人なんてレベルじゃない。
初日では、そのエネルギッシュさに、本当に癌だったのか疑ってしまう位だったんだけど
2日目となると、もはや彼が病気だった事なんて完全に忘れ去ってしまっていた。

近づいたらケガするぜと言わんばかりに、マイクスタンドを回転させながらぶんぶん上下左右に振り回し動き回るブルース。
なんつー危ないボーカリストだ!戦国無双か!

そしてそんなブルースなんて「慣れっこさ」って感じで絶妙に距離を取りながら立体的に、かつ好き勝手に動くメンバー。
そう、そう、これがメイデン!
他のどのバンドにもない、唯一無二の空気感。

星空の彼方まで突き抜けていくようなサビのメロディでひたすらに大合唱。


【ブルース本日のイタズラその2】
ギターソロ中に、ニコのドラムセットに忍び寄り、
ニコがシンバルを叩くタイミングで手でキュッっと押さえ、叩くのを邪魔する。何度も。
なんで怒られないんでしょうか、この人(笑)


往年の名曲「Children of the Damned」は、もう演歌だよね。
前半の叙情的な美しいメロディと後半のバーニング疾走モードのギャップに昇天。
♪オーオーオーオーオーオオーの合唱も、この日は特に大きく感じた。

初日に感じた音の反響が大きすぎてぼやけた感じも、この日は感じない。
かなり修正してきたと思われます。
会場の前後左右のど真ん中という事で聴きやすい位置だったのもあって、とても快適だった。
メイデンはあれだけ迫力のあるショウを見せるのに、終わった後に耳がキンキンする事が一切ないのも素晴らしい。
やっぱり、音の大きさと迫力って全く別問題なんだよな、と心から感じた。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

ブルースのMCは、その場では所々聴こえる単語をうすぼんやーりと位にしか分からなかったものの(汗)、
動画で改めて確認した所、2011年の幻となった来日の際に起こった震災の事、福島の事に触れていた。
「前回は地震で中止となってしまったけど、日本ですっげーやりたかった」と。

更に、しっかりOlympicという単語を出して、東京オリンピック余波による2016年会場問題の事にも言及。
武道館は2日間とも別のバンドに抑えられていて、さいたまスーパーアリーナは改修工事に入っていたから、
とても奇妙な状況ではあるが、両国国技館になった…
みたいな事情もちゃんと把握していた。

で、これは英語分かる友達に教えてもらったわけですが、その流れで、
「いつもはこの4倍デカい会場でやっているが、今日はそのデカい会場でやるより4倍楽しいぞ!」
なんて嬉しい事を言ってくれてたんですね。

その4倍デカイ会場でやって、大歓声に感激してテンション上がるブルースも知っているけども(笑)
その日にその会場に集まった日本のファン達の気持ちを思ってこんな風に言ってくれるブルースの優しさな!

素晴らしい人格者であり、フロントマンかくあるべきという立ち振舞。
「こんな狭い会場でやるなんてブルース怒らないかなぁ」なんて言ってた自分が恥ずかしくなりましたよ。
どんな会場でも、どんな環境でも関係ない。
いつだって大きな器でどっしりと構えて、決してブレないんだよなあ。


その流れから新譜の、「Tears of a Clown」
聴けば聴くほど癖になってきたな、この曲。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

続く、みんな大好き「The Red and the Black」。

♪オオーオオオーの大合唱、デカイ!!みんな歌ってる!!!

国技館が一体となっている。
新譜の曲より昔の曲が盛り上がるってのがお決まりなのに。
これには鳥肌が立った。
テンションの上がった私は思わず、隣のみわっちとガッシリ肩を組んで、拳を挙げながら歌う。
こんな風に、ファンが思う存分オーオー歌える曲を新譜に用意してくれたメイデンに感謝しながら。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

お次は「The Trooper」!!!!

この日はちゃんとマイクを持って登場したブルース。
聴きたかったあの冒頭Aメロをばっちり決めてくれます。
そうだよね、やっぱりそこは貴方が歌わないとね!!
新譜の曲が盛り上がるからといって、往年の名曲が盛り上がらないわけがなく(笑)
もう会場の熱気は分けわからない位にヒートアップ。


【ブルース本日のイタズラその3】
初日でもやってたし、これはもうイタズラというより、前ツアーからの定番になっているみたいなんだけど、
ギターソロ中にヤニックの頭にユニオンジャックをすっぽり被せて邪魔をする。
ヤニックもヤニックで全く動揺する事なく、時々ブルースが旗をめくる度に「ばあ!」なんて顔を出しつつ、
構わずソロを弾き続ける。

ヤニックには何をしてもいいと思っている節のあるブルースおじさん…(^o^)


圧倒的テンションでTrooperを終え、
心臓の鼓動、獣の雄叫びのようなSEが聞こえてくれば、次はいよいよ「Powerslave」
キタっ!今だ!
若干通路側にズレて、真後ろに人が居ないかを確認してから、
会場内では外して、席の上に置いておいたあのPowerslaveマスクをすかさず装着。
そこに、プロレスのマスクを被ったブルースが登場!

IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

本家PowerslaveをPowerslaveのコスプレで観るという夢を実現。

何が何だかわかんない写真ですけども(笑)

この曲が始まった瞬間、私の知り合いの何人かが同時に
「てぃらにーが絶対あのマスクかぶってる」って思って探したら
本当にアリーナ中央にその姿が見えて爆笑したと言われました。
ウケ狙いでやったわけじゃなくて、ブルースにこの姿をちょっとでも見て欲しくて頑張ったんだけど(笑)

でもね。
もはやこんなネタぶっ飛ぶくらいの、

とんでもないネタを本家にブチかまされるとは思ってもみなかったよ!

事件は、一旦はけたブルースがギターソロ明けに再び戻ってきた時に起こった。






【ブルース本日のイタズラその4】

IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

えっ………!?





IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

ちょんまげーーーーー!!!!



ぶ、ブルース侍…!!!!

爆笑アンド歓喜。出てきた瞬間、国技館に広がるオモシロムード。
なんだこれ!なんだこれ!
The Book of Soulsのアルバムと、Powerslaveの関連性がどーたらこーたらという考察を
片っ端から上手投げで国技館の外まで吹っ飛ばす破壊力。

恐らく、1日目の後に両国界隈でも散歩していたら見つけて、
「これは日本の伝統的なスタイルのウィッグ…!明日のショウで着けたらウケるぞ!」
とか思って買ったのでしょう。
そりゃぁ〜もう、見たことない位のドヤ顔でみんなにちょんまげヅラを見せつけてましたね。
そんな状態で真顔で「Scream for me!」とか叫ぶもんだからもう、肩を震わせるしかない。

もしかすると侍を意識してるんでなくて、相撲のマゲと混同して買ったのかなぁ とか思うと頬が緩みっぱなしです。
若干サイズが合ってなくて頭キツそうなのもたまりません。

ブルース…限界知らずのお茶目さん…!


◆アイアン・メイデンの来日公演でブルース・ディッキンソンが“ちょんまげ”カツラ姿でパフォーマンスを披露(amassニュース)



ちなみにみわっちが、このちょんまげヅラを楽天市場で探し出してしまった。やめて!

IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

価格410円(税込)

やっす!!!!
思っていた以上にリーズナブル…。
いや、私は買いませんよっ?(笑)



IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

ちょんまげブルース衝撃波のざわつきも収まらぬまま、雪崩れ込むように「Death or Glory」に突入。
キターーーーーーー!!!!
この曲の肝は何と言っても、初日でも話題になったClimb Like a Monkeyダンス!




この時にはもうこの振付の認知度も上がっていたいたので、
みんな1番からばっちり決めてましたね!
ああ、楽しい。楽しすぎる。
これのせいで、電車の中でこの曲のこの部分が流れだすと、モンキーやりたくて両手がピクッと動いてしまうように。
またやりたいなぁ。是非ライブの定番にして欲しいですよね。
というかこの曲、めちゃくちゃコピーしたいんですけど!!


【ブルース本日のイタズラその5】
Climb Like a Monkeyですっかりモンキーモードになったブルース。
間奏中に、ステージセットの壁にぺたっ…と張り付き、よじ登るフリをしていた。
でもガッシガッシと登っていく感じじゃなくて、吸い付くように張り付いて、じわじわ手足を動かしてたから
その見た目は猿というよりはなんだか虫みたいだったけど…。



【ブルース本日のイタズラその6】

IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

モンキーモード全開なブルース、ウッキーーーー!とギターソロ中のエイドリアンにちょっかいをかける。

エイドリアン、華麗にスルー。

こんなん、笑う。
でもブルース、スルーされてもお構いなしで、ステージのあっちゃこっちゃ駆けまわり、モンキーしまくってました。
更にこの直後のMCでも、もっかいモンキーやろうぜ!とお客さんにやらせて満足気。
よっぽど気に入ったんだな…!


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

「The Book of Souls」に差し掛かると、いよいよライブも後半戦。
車輪のようにグルングルン腕を回しながらサビのリフを弾くヤニックに目を奪われる。
いつもより多めに回しております…!
先ほどの陽気な雰囲気とは一転、サビの荘厳なメロディを高らかに歌い上げるブルースもまた素晴らしい。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

ブルースを見ていてつくづく思うのが、ボーカリストの仕事は決して上手に歌うだけではないって事。
特にメタルの世界においてはね。

人間の五感による知覚情報の割合は、視覚が8割、聴覚が1割、残り1割を嗅覚、触覚、味覚が分けあっているらしい。
ライブにおいて後半3つは関係ないとして、視覚と聴覚で受け取る情報割合がここまで開いているという事実。
つまりぶっちゃけ、歌の上手さそのものよりも、ライブ時の立ち振舞いの方が全体印象を左右するものなんですよね。

その事を知ってか知らずか、ブルースは視線を集めるパフォーマンス力や表現力に長けている。
もちろん、彼の歌声は最高にパワフルって事は言わずもがなである前提として。
縦横無尽に駆けまわる動きのみならず、歌っている時の表情や、身振り手振り、指先の動きに至るまで、全身で曲を歌う。
更には歌っていないギターソロの時間ですら、観客を喜ばせる事に集中している。
まさにフロントマンの理想的な姿だと、私は思います。

もちろん個人の好みはあるし、ボーカルは歌が上手けりゃそれでいいじゃん!って人も否定はしませんよ。
ただ彼が何故メタルボーカリスト界で神格化されているのかというのは、
「ライブを見れば理解出来る!」と声を大にして言いたいですね。



IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

そんな事を思っていたら、エディ(中サイズ)キターーーーー!!!

どんどん愛着が湧いてきた、このマヤ文明仕様のエディくん。
お尻をボリボリかきながらノッシノッシステージを歩きまわる。
客席の温度も更に急上昇。
エディが出てくると、みんなが笑顔になるんだよね。
デイヴをおちょくり、スティーヴにちょっかいを出し、ヤニックとじゃれあう。
そしてお約束の…


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

ブルースとの心臓えぐりだしコント!!

相変わらず、まごまごしている内にあっさり引きずり出されるエディ…。
「ほーれほれ、お前の心臓取っちゃったぜ〜」と見せ付けるブルース。
このエディはオープニングでEd Force Oneを助けてくれたエディとは別なんでしょうか。
同一人物だったら可哀想(笑)
この心臓ももちろん、客席に投げ入れていました。
この日は下手側へ。
とてもじゃないけど届かない距離。

前世でどんな徳を積めば、この心臓をキャッチする事が出来る人生を歩めるんだろうか?


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

死刑囚の衣装にチェンジして、「Hallowed Be Thy Name」
ピックをくわえながらイントロを丁寧に紡ぐデイヴ、詠春さんは鼻血ものだろう。
ブルースのロングトーンも、どこまでも伸びていく。

メンバーがずらりと横一列に並ぶシーンではやっぱりどうしても涙が溢れてしまう。
緊張感のある曲だけど、デイヴとヤニックがニコニコ笑顔で顔を見合わせていたりして、
メンバー自身がこのライブを心から楽しんでいる事が伝わってくる。
それが凄く嬉しくて、たまらない気持ちになった。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

必殺、首吊りロープでシンバル叩き!

これもまたニコに怒られないのが不思議(笑)
っていうか、器用だな!
これはイタズラというより、演出ですね。
何度も何度もバッシバッシ叩いてました。

ギターソロ中のブルースの客煽り、「1、2、3、バンザーイ!!!」 も熱い。
でも3回目の万歳以外は意外とヌルっとやっていて笑った。
最後の3回目と差を付けているのかな。もっと研究しなきゃな…!


「Fear of the Dark」では、会場の盛り上がりも最高潮。
オーオーの大合唱もまるで地響きのよう。
とてつもない高揚感に包まれる国技館。
頭からしっぽまで、メイデンらしさが詰まったこの曲。
美しくて、スリリングで、熱狂的で…本当に、何もかもがパーフェクトだ。
この曲がきたということは、いよいよ近づくクライマックス。
ああ、もうすぐ終わってしまうんだ…

悔いのないように、体力の限界までサビのジャンプを続ける。
周りが「腰が…」って感じでジャンプを辞め始めても、
ステージで彼らが飛び続ける限り、意地でも続けた。

この時間がいつまでも続けばいいのに!!!(死んじゃう)


張り裂けんばかりの狂熱の中、ついに本編最後の「Iron Maiden」

IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

出ました!!巨大エディ!!!!


拍手喝采、割れんばかりの歓声。
何度見たって興奮する!
バルーンで膨らんでいるから、ゆらゆらと揺れる動きが不規則で、
それがまるでエディが本当に生きているように見えるんだよね。
いや、見えるんじゃないな。
エディは生きてて、確かにそこにいた。

ちなみにこの日のスティーヴも、一番目立つ間奏のベースソロが「何ですと!?」って感じになってたけど、

そんなの関係ねえ!!!!(2回目)

自分で作った曲なのに…(笑)


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

アンコール1曲目は「The Number of the Beast」。

ガンガン燃え盛るパイロ。
もちろん、海外公演ではこんなもんじゃないんだろうけど…。
それでも日本は消防法の関係でパイロ一切無しだと思っていたから、
メイデンを讃えるように吹き上がる炎に興奮しないわけがない。

この日もくっきりはっきり、「We will return!!!」と言っていた。

さらには「I'll make you burn」の部分の歌詞を

「We'll make F○ck'in TOKYO Burn!!!!」

なんて変えていた!!
最高!!!血液が一気に沸騰する。
あ〜IRON MAIDENが好きで良かった。


一呼吸置いてMCでは、
「日本公演が2回だけなんてもったいない、東京だけじゃなくて大阪とかにもまわりたい」
みたいな嬉しい事を言ってくれるブルース。(ってこれも友達から教えてもらったんだけどもw)

戦記ツアーの大阪城ホールの入りは悲惨だったと聞いていたから、
てっきり、もう地方は回ってくれないのかとばかり思っていたけど、その気はあったんだ〜!
本人たちは出来る事ならツアーで回りたいけど、色々と大人の事情があるんだろうなあ。
実現するといいよね。
その時までに貯金しとかないと…。

そして、各国の国旗を掲げて猛烈アピールする海外ファン達を
「見慣れた顔もいるな、スイスから来たやつらか」
「君たちは?ブラジルから来たのか!すげえな!」

みたいにひとしきりいじった後、

「メイデンファンは国や宗教を超えて、ここではみんなが同じ一つの、

血を分けた兄弟=Blood Brothersなんだ」


という熱い言葉からの「Blood Brothers」。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

星空をイメージしたようなバックドロップと、
お空にボンヤリ浮かぶエディのお顔…
一瞬、マンガとかでよく見る、死んでしまったキャラクターが在りし日の姿で空に浮かんでいる構図に見えてしまった。
心臓取られちゃったしね…
ありがとうエディ…お前の事は忘れない…。

♪We're blood brothers...

サビがきた瞬間、感極まる私。
思わず左腕をみわっちの肩に回し、右腕を通路挟んで右隣にいた女性の肩に回し、三人で肩を組む!
実は右隣の女性はぜんぜん知らない人だったんだけど(笑)
ライブ中にたびたび顔を見合わせては「いえーい!」なんてやり合っていたので、思い切ってトライ。
するとその女性もとびきりの笑顔で、肩を組み返してくれて、三人で大合唱!
もはや、昔からの友達みたい!
周りを見てみれば、私たち以外にも数人で肩を組んで揺れながら歌っている人たちがそこかしこにいる。

それは最高の光景だった。
メイデンが繋いだ人と人との縁。
ここに居る人達はみんな一つの大きな家族。
まさにBlood Brothers。

終わった後は思わず、握手とハグをし合う。


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

ついにオーラス「Wasted Years」
うおおお、ついにきてしまった、最後の曲が…!!!
初日の時点ではこの曲が最後になるとは思ってなかったけど、
もう分かってるからイントロが流れ始めた途端どうしようもなく切ない気持ちになってしまった。
ああ、終わってしまう…!
万感の思いを込めて、イントロからみんなで手拍子。
たまにどんどんズレていく人がいるけど(笑)私の周りは大丈夫だった。

スティーヴは客席を見据えながらステージの端から端まで駆け抜ける。
デイヴはマイペースに笑顔でぱぁ〜なんて腕を広げてみせ、
ヤニックは腕をぶんぶん振り回して軽やかにステップを踏みつつあちこち走り回る、
エイドリアンは冷静に堅実に仕事をこなしながら、渋く甘い声を聴かせる。


【ブルース本日のイタズラその7】
ギターソロ明け、慌ててコーラスマイクに戻ろうとしたエイドリアン。
そこには既にブルースが陣取って「ここ取った!」とばかりにコーラスマイクを離さない。
自分の持っているハンドマイクをエイドリアンに「ハイ、こっち使って」と向ける。
仕方なくそのブルースが持ったままのハンドマイクでコーラスを歌おうとするんだけど、
歌ってる最中にそのマイクを上下左右にスッ…スッ…と動かして歌うのを邪魔しまくる。

子供かっ!!!!

かーわーいーいー。
初日に続いて和みまくるWasted Yearsのコーラスタイム。
なんかブルースの中ではコーラス中のエイドリアンいじりが流行っているのかな?(笑)
たまらないやり取りに笑顔が溢れる。


サビは声の限りに大合唱。
こういう爽やかで大人な終わり方も、今のメイデンらしくて好きだ。
永遠に終わらないで欲しいけど…


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

こうして、2日目のステージも完全燃焼で終了。
楽しすぎて、まるで夢を見ていたようでした。
素晴らしいとしか言いようが無い、完璧なショウマンシップ。
メイデンは徹頭徹尾メイデンであると思い知らされました。
もはや、麻薬。
こんなの見せられたら、一生メイデン沼にハマり続けてしまうじゃないか…

はちきれんばかりの拍手の中、客席にピックやドラムヘッドを投げ入れ、
サッカーボールまで蹴り入れたりしてひとしきりサービスした後、颯爽と去って行くメンバー達。
彼らには次の公演地が待っている。


メンバーが居なくなった後も、鳴り止まない拍手とメイデンコール。
メイデンはセットリストを変更する事の無いバンドだって分かっているけど、
それでもどうしてもこの時間を終わらせたくなくて、
いつまでもいつまでもメイデンコールを叫び続けていました。

「Always Look On The Bright Side of Life」がかかった瞬間、
夢の時間に幕が降ろされ、寂しさを超えて、
彼らと同じ時代を生きている事への感謝と感激の気持ちが一気に広がる。


ありがとう!IRON MAIDEN!!!

世界一かっこいいぜ!!!

大好きだっ!!!!





IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

終演直後も繋がる世界。

IRON MAIDENは、世界共通言語。






IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

We are all of us Blood Brothers, my friends!


さあ、最後まで読んでくれた皆さん、お疲れ様でした(笑)
「1日目よりも短くします」と言っておきながらこの有様。
「長文でもOKですよ!」と数人に言われた事を真に受けてこんな事に…。
まともに読むと1時間ぐらいかかるんじゃないですかコレ?
でもね、この日ばかりは、一つとして省略する事なく書き留めたかったんです。

この2日間、いや、空港お出迎えや打ち上げメイデナイトも含めたら1週間。
最高に濃くて、熱く、奇妙で、忘れられない数日間でした。

そこで出会った人々、みんなに感謝します。
みんなみんな、最強の愛すべきメイデンバカ達でした!
本当にありがとうございました!


次は何年後かな…?

また会おう!必ず!



UP THE IRONS!!!!!









<おまけ>


IRON MAIDEN live at Kokugikan2016

ホテルでくつろぐ85年ブルースとエイドリアン…もどき。
衣装着たままかよ…!




【メイデン週間の日記リンク集】
◆IRON MAIDEN、ついに来日!エドフォースワンを羽田空港まで出迎えして来ました顛末記

◆羽田空港N地区にて駐機中のエドフォースワン撮影。昨日の雪辱を果たす…

◆IRON MAIDEN 両国国技館LIVE 4月20日(1日目)レポート

◆IRON MAIDEN 公式Instagramの思い出…


この記事へのコメント

1. Posted by えり   2016年05月10日 02:03
5 てぃらにーさんコンバンワ(・∀・)ノ
2日目のライブレポ拝見させて頂きました!!
楽しみにしていたので時間もかからず楽しく読ませて頂きました♪
IRON MAIDENの偉大さがすごく伝わってくるライブレポですね
いつかMAIDENが来日したらライブ観に行きたくなりました
ブルースさんのライブでの行動やちょんまげ姿にレポ拝見しながら爆笑しました(*≧∀≦*)
ちなみに2日目のライブレポ本当にありがとうございました!!
そしてお疲れ様でした♪
いつかIRON MAIDENのライブ会場でお会いしましょう!!
UP THE IRONS!!
2. Posted by えつ   2016年05月10日 20:07
5 待っていました‼2日目レポありがとうございます(^^)
しかし、素晴らしい文章力ですね〜。
てぃらにーさんの興奮と感動がものすごく伝わってきて、私は初日だけの参戦でしたが2日目も体験したような感覚で、3ページ分読み終えた時には涙があふれてきました。
メイデンロス、まだ続いてます…。
しばらくダメですね。
3. Posted by hiyaya   2016年05月13日 23:28
5 二日目レポありがとうございます!!そしてお疲れ様でした!!
雨が降るやらおちょこ事件やらライヴ中以外にもいろいろあったんですね。
やっぱりちょんまげは衝撃的です。PC画面で見てた私でさえ唖然としたんですから、目の前で見てた人は(゚Д゚)な状態だったのじゃ?
正装が打ち合わせなしにばっちりそろうところにみなさんのメイデン愛を感じます♡
GWにOPAの特設ショップでTシャツを買えたんで、それ着て次の来日は行きたいです!!!!
4. Posted by てつ   2016年05月14日 09:27
5 てぃらにーさんのライブレポ、良かったです。
僕もライブ2日目に新潟から参加してました。21日のあの異様な盛り上がりと興奮は今でも忘れられず、ブログを読んで、また心が熱くなってしまいました。
メイデン歴30年弱のオヤジですが、doctor,doctorからぐっときて、1曲目のIf Eternity Should Fail、Trooper、Fear of the Dark、Blood Brothersでは泣きながら、叫んでました。
また、メイデン来日の際はライブレポ、楽しみにしています!
5. Posted by ASSA   2016年05月16日 21:07
5 はじめまして。いつも楽しく拝見してます。
メイデン歴は… パワースレイヴ発売の頃から
ですので30年以上になりました。私は
ベーシストですが、メイデンは特にニコが
好きですねー 手くせ! なぜかドラマーが
好きなので、ボンゾやコージーも大好きです。
っと 話がそれましたがニューアルバムは
6人編成後最高のアルバムだと思います。
昔のピースツアーのハマースミスのライブが
メイデン史上最強だと思いますが、今の
大人のメイデンも良いですねー。
UP The IRONs!
6. Posted by てぃらにー   2016年05月22日 15:58
>>えりさん
2日間のレポ、読んでくれてありがとうございます&お疲れ様でした。
そう、メイデンは偉大だなと、レジェンドである理由を改めて理解出来るライブでした。
そしてブルースのお茶目さも(笑)
生で見ると一層好きになりますよ!
次は是非、ライブに足を運んでください!
7. Posted by てぃらにー   2016年05月22日 16:06
>>えつさん
ああー、一生懸命書いた甲斐があります!
勢いと感情のままに書いた稚拙な文章ですが、
そう言って頂けると嬉しいです(*´ω`*)
自分自身で読み返した時、これを読んだらいつでもあの楽しい時間にタイムスリップ出来るように…
って想いもこめて書き綴りました♪
あれから1ヶ月ですね…!
まだまだメイデンロスは収まりそうにありません(T_T)
あー早くまた来日してくれないかな〜
8. Posted by てぃらにー   2016年05月22日 16:10
>>hiyayaさん
ちょんまげは、ほんと衝撃的でした…!
最初何が起こったのか分からず「えっ?えっ!?」って3度見くらいしちゃいました(笑)
お客さんみんな興奮しながらも笑ってましたよ(*≧▽≦)ノシ))
ああやって、日本のファンを喜ばせようとしてくれたブルースがただただ愛しいです(笑)
Tシャツ買えて良かったですね♪
次回の来日は是非是非、会場でお会いしましょう!
きっと、また目立つ格好をしていくと思うのですぐに見つかるはず…!
その時を楽しみにしてます〜\(^o^)/
9. Posted by てぃらにー   2016年05月22日 16:22
>>てつさん
ありがとうございます!
文章書きすぎて指が攣りそうになりながら頑張りました(笑)
新潟からの参加だったんですね!お疲れ様でした♪\(^o^)/
そうそう、2日目はやっぱりすごい盛り上がり方でしたよね。
まさにマグマのような熱さで、今思い出してもゾクゾクします。
今回のツアーのDVD、日本じゃなくてもいいから絶対出して欲しいですよね。
そしたら上映会イベントとかしたいなぁ…。
ああ、でもそれよりもやっぱり、早くまた来日して欲しい!
次の来日の際のレポ…もっと長くなりそうで怖いです(笑)
頑張ります(*´ω`*)
10. Posted by てぃらにー   2016年05月22日 16:29
>>ASSAさん
こんにちは!コメントありがとうございます♪
ベーシストさんなんですね♪
ドラマーが好きで注目しちゃうベーシストさん、私の周りにも結構いらっしゃいます(*´w`)
やっぱりリズム隊同士、惹かれるものがあるんでしょうか?
ニコは超絶テクニックとか正確無比なリズム感っていう感じじゃないですけど、
他にはない独特の癖があって、それがハマると異様な中毒性を発揮しますよねw
とてつもない個性を持った素晴らしいドラマー、ニコ!
魂の書は私も2000年代では一番好きかもしれません(*^^*)
進化し続けるメイデン、心を捕らえて離しません!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター
声の仕事情報
◆日本香堂プレゼンツ インターネットラジオ「癒しの香ギャラリー」土曜DJ
月1回の更新で、毎週土曜0:00〜23:59まで
ストリーミング配信です。

◆「歌謡ポップスチャンネル」(スカパー! 329ch / J:COM 354ch)内、番宣CM 
日本で唯一の歌謡曲専門チャンネル「歌謡ポップスチャンネル」にて、番宣CM、チャンネルガイドのナレーションを担当しています。
演歌、70〜80年代のアイドル、フォーク&ニューミュージックの名曲をたっぷりお届けします。

◆FOXチャンネル/FOXスポーツ ミニスポット番組「FOX BREAK」にてナレーションを担当

◆「ISU四大陸フィギュアスケート選手権2016における国際ボランティア」レポートムービー&TOEIC Speaking & Writingの解説動画ナレーション
 
◆UCC DRIPPOD(ドリップポッド)
紹介ムービーナレーション



◆「ペン字の花道」紹介動画ナレーション
ギャラリー
  • ブルース少年とヤニック犬のじゃれあい
  • 多分、今までで一番短くなったかも。
  • 多分、今までで一番短くなったかも。
  • ヤバめアイテムだらけのうちの押入れ
  • ヤバめアイテムだらけのうちの押入れ
  • ヤバめアイテムだらけのうちの押入れ
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • ニコ・マクブレインおじさんと癒しの精霊
  • HEAVY METAL公式グッズの祭典「PGS METAL」に行ってきました!
  • HEAVY METAL公式グッズの祭典「PGS METAL」に行ってきました!
  • HEAVY METAL公式グッズの祭典「PGS METAL」に行ってきました!
  • HEAVY METAL公式グッズの祭典「PGS METAL」に行ってきました!
  • HEAVY METAL公式グッズの祭典「PGS METAL」に行ってきました!
  • HEAVY METAL公式グッズの祭典「PGS METAL」に行ってきました!
  • HEAVY METAL公式グッズの祭典「PGS METAL」に行ってきました!
  • 【ナレーション】今年も鎌倉女子大学さんのラジオCM録ってきました!
  • 【ナレーション】今年も鎌倉女子大学さんのラジオCM録ってきました!
  • 【ナレーション】今年も鎌倉女子大学さんのラジオCM録ってきました!
  • 【ナレーション】今年も鎌倉女子大学さんのラジオCM録ってきました!
月別アーカイブ
記事検索
動画:AIR-RAID SIREN
ブルース・ディッキンソン ソロ時代バンド
AIR-RAID SIRENの演奏動画です。

[AIR-RAID SIREN] Bruce Dickinson cover Live at Koenji (Full show)


Trumpets Of Jericho - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


King In Crimson - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Chemical Wedding - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Laughing In The Hiding Bush - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Tears Of The Dragon - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Road To Hell - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Accident Of Birth - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]



[AIR-RAID SIREN] King In Crimson - Bruce Dickinson cover


[AIR-RAID SIREN] Accident of Birth - Bruce Dickinson cover


[AIR-RAID SIREN] Tears Of The Dragon - Bruce Dickinson cover


  • カテゴリ: