【LIVE情報】
EDWALDA FORCE_メイデン祭り2017_魂のメイデナイト7フライヤー2

【声の仕事情報】
・「歌謡ポップスチャンネル」 (スカパー! 329ch / J:COM 354ch)
 番宣CM、チャンネルガイドナレーション レギュラー


・『耳より!通販情報』 EXスポーツ / DATV (スカパーCh.609 / Ch.653)
 番組ナレーション レギュラー


・日本香堂プレゼンツ インターネットラジオ「癒しの香ギャラリー」土曜DJ
 http://www.184net.jp/index.html

・FOXチャンネル/ FOXスポーツ ミニスポット番組「FOX BREAK」にてナレーションを担当

・「ISU四大陸フィギュアスケート選手権2016における国際ボランティア」レポートムービー
 &TOEIC Speaking & Writingの解説動画ナレーション

 http://www.toeic.or.jp/iibc/volunteer/skate/index.html

・ジェミールフラン メルティバター『朝起きた瞬間から髪がまとまる上手な乾かし方』動画ナレーション
 https://www.youtube.com/watch?v=M1YsKIc1hc8

・12/9(水)17:00〜
 TOKYO MX「5時に夢中!」内 ネスレ日本紹介VTRナレーション

 http://tyranny670.livedoor.biz/archives/52256105.html
 
・8月9日(日)20:00〜20:55
 チバテレビ「第38回柏まつり」 ナレーション (出演:デンジャラス・安藤遥)

 http://www.chiba-tv.com/info/detail/5335

・「ペン字の花道」紹介動画ナレーション
 https://www.pen-hana.com/

・DRIPPOD コーヒー通販 UCCドリップポッドストア 紹介ムービーナレーション
 http://drip-pod.jp/drippod/lp/

・株式会社リクシル グランドライン ラフィス:施工方法説明動画 ナレーション
 http://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/grandline/gallery/default.htm

・ドクターショール「寝ながらメディキュット ロング」店頭用CMナレーション
 全国のスーパー・薬局等の店頭にてご覧頂けます。
 https://www.youtube.com/watch?v=MwoZ9si4Stg

2014年12月14日

TENACIOUS D Live@新木場STUDIO COAST

TENACIOUS D

ついに、ついに、ついに!
念願叶ってTENACIOUS DのLIVEに行ってきました。
1週間以上経った今でも、余韻に浸ってボーっとしてしまうくらい…最高でした。


◆TENACIOUS Dとは…

TENACIOUS D

==============================
俳優が本業のジャック・ブラックとカイル・ガスによる2人組。
まったく鳴かず飛ばずの俳優だった2人が互いに唄が好きなことを知り、
だいたい1995年頃に素晴らしきテネイシャスDを結成。LAにあるカイルの自宅でプレイし始める。
1999年、米HBOで放映された、かれらがホストを務めるコメディ番組「テネイシャスD」があまりに面白いが故に一気にブレイク。
デイヴ・グロール(元ニルヴァーナ〜現フー・ファイターズ)やスパイク・ジョーンズ(「マルコビッチの穴」等)らの目にも止まり、
更なる爆発的カルト人気を集めるようになる。
-公式HPより-
==========
====================

ジャック・ブラック(以下JB)は今やハリウッドのムービースター!
けど、日本では彼がミュージシャンである事は案外知名度が低かったりして。

しかーし、よくある俳優の片手間にやるお遊びのバンドとは訳が違います。
そもそもこのTENACIOUS Dは、スクール・オブ・ロックでJBが大ブレイクするずっと前から続けている音楽活動で、
彼のキャリアの根幹を成すといっても過言ではないかもしれません。

くだらなくて、過激で下品で、お前ら男子中学生か!と叫びたくなるバカさ加減。
そんなどうしようもない歌詞を超COOLな音楽で奏で、真剣にROCKしてます。

少しマイルドに変換されたスクリーンの中のJBよりも、
むしろ真の姿といえるのがこのTENACIOUS Dなんじゃないでしょうか。



◆TENACIOUS Dとの出会い



そんな私も、JBとの出会いは映画「スクール・オブ・ロック」。
2004年の劇場公開を、大してロックに詳しいわけでもないのに神の掲示を受けて観に行き、

「なんだこの歌って動けるオモシロおデブさんは!」

と、彼の色んな意味での圧倒的存在感に衝撃を受けました。
今思えば、あの頃はまだ痩せていた方だったんだな…。

で確か、買ったパンフレットにDの事が載っていて、速攻HMVで1stアルバムを買ったのが出会い。
脳天に直撃を受け、当時まだ日本盤が出てなかったDVD「THE COMPLETE MASTER WORKS」も買い、
f**kだらけの英語を聴き取れもしないのに気が狂ったように見てました。

ん?つぶやきで「来日を9年待った」って書いたけど、
2004年って事はもう10年たってるじゃーーーん!

その間、本国での盛り上がりとは裏腹に来日ライブは一切なし。
JBがハリウッドで活躍するようになってからDの活動も緩慢になるし…
(その事をネタにした自虐曲もしっかり作ってますけど)

2008年に公開された映画「テネイシャスD-運命のピックをさがせ!-」の話も最初聴いた時

「ププッ!ハイハイ、まーた大ボラ吹いて〜!」

と完全に冗談だ思ってましたから。

そんなわけで!今回の来日ライブは足掛け10年待った奇跡の来日でした。
興奮しないわけがなーい!



TENACIOUS D

「運命のピック」公開時に限定で発売された、この自慢のDシャツで参戦です。
どやーーっ!めちゃくちゃかっちょイーでしょ!

赤い悪魔と背中の666のインパクト大!
IRON MAIDENのライブに着て行っても違和感なさそうです。



◆外国人のお客さんだらけ


TENACIOUS D

会場は新木場のSTUDIO COAST。
周りを見渡すと、え?え?なになに、何この客層。
外国人のお客さんだらけじゃないかー!!ここ六本木!?

さすがは、本国ではカルト的人気のあるD。
しかも、なんかみんな、頭一個飛び出たやたら背の高い方々ばかり。
一瞬、メイデン幕張のブラジル人グループの暴れぶりを思い出して焦りました。
でもまあメタルバンドのライブじゃないんだから、さすがにもみくちゃになったりはしないよね…。
寸劇とかも多そうだし、みんな大人しく見るよね…。

ハイ、この時点では私、完全にナメてましたね。。


この日は、オープニングDJとして登場したのは、
ダイノジ大谷&ガリガリガリクソン&スベリーマーキュリーと、何故か芸人さん達。
ごめんなさい、正直、この時間は地獄の30分間でした。

完全アウェイ&Dの前座にしては見当外れなパフォーマンスに、
周りの外人さんたちキレる。中指立てる。Dコールを始める。

「お願い、早く、早く引っ込ませてあげて…」

と見てるこっちの胃が痛くなってきちゃいました。

でもまあ、悪いのは、前座をセッティングした呼び屋さんだよね。
あの空気の中よく頑張りました。。
ガリガリガリクソン氏はチケット自分で買って来たらしいし…整理番号290番とか言ってたし…。
ある意味被害者です(笑)

誰も得しない謎の時間が過ぎた後、オープニングSEが!
ようやくDのSHOWが始まるぞーーー!!!!


◆そして始まるSHOW!

TENACIOUS D

哀愁のイントロギター。。
幕が開くと、目の前に二体の太っちょおじさん…
いやいやいや!JBが!KGが!!いる!!
これは夢か!?いや、現実だーー!ひゃっほーい!

1曲目からいきなりの『Tribute(世界一の名曲)』!
初めて見たPVがこれで、馬鹿馬鹿しさと曲のかっこよさのギャップにガツンとやられました。
TENACIOUS Dとの出会いの一曲といっていいです。
もう、お客さんフル大合唱。
てか、外人さん達みんな歌詞完璧なのな!

Tenacious D - Tribute




続く『POD(運命のピック)』、『Rize of The Fenix(鳳凰♂昇天)』。

殺す気かーー!!

熱すぎる曲の流れ。
メイデンで例えたら、Aces High、2Minutes、Trooperと続くような感じでしょうか。
友達にTENACIOUS Dを勧めるために作った自分なりベストアルバムかのようなセトリ。

生で聴くJBの歌はめっちゃ上手くて最高にROCK!
KGのギターもしびれるほどかっちょイイ!!
うおー、うおー、生だ、生Dだ…
10年前の自分に報告したい…!

そして始まる前は、さすがにもみくちゃにはならないだろうとタカをくくっていましたが、

…なりました。もみくちゃでした。押されまくりでした。

フロアは熱狂の渦!
みんな拳を挙げてピョンピョン飛び跳ねて唄いまくる!

Tenacious D - POD
 
 


Tenacious D - Rize Of The Fenix (Official Video)  


もしもテネイシャスDが死んだら俺達はどうする?
Dのタトゥーを入れたファン達はどうしたらいいのだろう
除去だろう
Dのタトゥーをレーザー除去するしかないだろう
Dのタトゥーをレーザー除去するしかないだろう
-Rize of The Fenix-


…除去だろう(笑)


曲が終わった後、何やらモメだす二人。
JBがKGにアレコレまた理不尽な難癖付けている…ような小芝居、っていうかパントマイム!(笑)

いやー、ムービースターの生の小芝居ですよ奥さん。

そして「I Quit(辞めた)」と一言で舞台を去るKG。

ライブ中にKGがキレてバンド抜けちゃいました。
舞台に一人ぽつーんと残されたJBはうぇーんって子供みたいに泣きそうになり、
「Show Must Go On…?」とつぶやき、
『Dude -I Totally Miss You-(孤独なKG)』。

「KGが理不尽で横暴なJBにキレてバンドを辞める」のは初期からやっている鉄板ネタ。

いわば、IRON MAIDENがライブでIron Maidenをプレイする事くらいの伝統芸能なのです。

ただ、JBとKGがケンカするくだりはJBがぶゎーーっとまくしたてるように怒鳴りまくったりするんだけど、
ライブ行く前はこういうコントシーンの英語が理解できないだろうから不安だったんですよ。

ところがまさかの、怒鳴ってる風なパントマイムという(笑)
流石のJB。この件にかぎらず、極力言葉を使った笑いを少なめにし、
MCもそんなに一気に沢山喋らず、ゆっくりと短いセンテンスで、
身振り手振り顔芸で笑わせる方向できたんですよね。
英語が伝わりづらい日本に合わせてくれてるのが、すっげー感心しました。
本場のエンターテイナーはこういう気配りも忘れない!


話は戻って。
JBが独り孤独に歌っていたら、割りとすぐに戻ってくるKG!
そして「カイルがバンドをやめた、今はまた一緒になった」という曲
『Kyle Quit The Band(カイルがバンドをやめた)』
「レコード契約がある限り友達だ」と連呼する『Friendship(俺らの友情)』を二人で熱唱♪

そしてあつーいハグ!
暑苦しい絵面に謎の感動!
会場大盛り上がり!
茶番?いえ、これぞ様式美の世界です。


TENACIOUS D

『Low Hangin' Fruit(ねらえ!お手頃ネエちゃん)』も聴きたかった曲の一つ。
PVがもうエロ男子中学生の極みなわけですが、相反する曲のかっこよさ。
ってDは基本全部そんな感じなんだけど。

曲の盛り上がる部分でまたもやモッシュ発生!俄然もみくちゃ。
さらに、「f**k」言いながらモッシュすんじゃねえ!ってキレだす外人さんも!
なに、このカオス空間!

Tenacious D - Low Hangin' Fruit
 


『Kielbasa』で少し落ち着いたと思ったら、『Kickapoo』!うおおー!
これは映画「運命のピックをさがせ!」の導入で流れる曲だし、
後に説明する、とある人がこの曲でゲストで歌っていたから、知っている人も多いかも。
ロックミュージカルTOMMYのようだ!っていう人もいますね。
JB、ステージを所狭しとぴょんこぴょんこ動き回る。

その後は『Wonderboy』でしっとり聴かせます。
「♪Me,And KG(That's Me)Tenacious D」の所で何故かジワッと涙が出ちゃいました。


TENACIOUS D

KGが縦笛を吹き出した!

これは、アルバム「鳳凰♂昇天」の「Flutes & Trombones」的なアレですかね…?

隠れて夜中にこっそりフルートの録音をしにスタジオにきたKGをJBが見つけ、
「てめえまさかフルートとか吹くんじゃねえだろうなクソボケチンカス野郎」と罵るが、
そういうJBも実はトロンボーンを録音しにきていた…


という「だからなんなんだよ!」なコント。
多分そこからだと思うんだけど。


TENACIOUS D

KGのフルートならぬリコーダーソロが始まり、ついには二本使い!
まさかさすがにトロンボーンは出てこないよな、と思っていたら…


TENACIOUS D

デターーーーーー!!!
おもちゃのトロンボーン!(?)

そこから始まる『Simply Jazz』

このコーナー「100分やる」とか言ってました。
ライブ終わるわ!

お客さんに歌わせたりして、楽しい〜!いいな〜!
最後に難しいフレーズ歌わせた女性がめちゃちゃんと食らいついて歌ってて、上手いもんだから、
JB大喜びでした。

そんなJAZZの流れの直後に、JBがお客さんを煽るっ!

「世界で一番偉大な音楽はなんだ!?」

みんな、すかさず叫ぶ。

「Metal!!!!」

さっきまでJAZZやってたのに(笑)
いやー、やっぱり本場の皆さんがお揃いなので「メタル」じゃなくて「メロ゛ゥー」ですからね。
野太い「ヘヴィメッロ゛ゥ〜」の声を受けて『The Metal(メタルは死せず)』!!!

メタルを殺す事なんか出来ない
メタルは生き続けるのさ
メニューウェイブがメタルを打ち壊そうとしたがメタルが勝ち抜いた
そこでグランジがメタルを食い尽くそうとしたがメタルが勝ち抜いた
パンクロックがメタルを打ち壊そうとしたがメタルは強すぎた
テクノがメタルを汚そうとしたがメタルは立証された
-The Metal-


メタル愛が強すぎるD!
これをアコギの二人が歌うのがまたシュールです。

METAL愛を確認したところで、『Dio(拝啓ロニー・ジェイムズ・ディオ殿)』。

この曲は

「ロニーは長い間ロックしてきた。
老人ホームに入れて面倒見るからお前の秘密を教えてくれ」


…と、ロニーに勝手に捧げられた曲です。
深〜い愛ゆえとはいえ冗談通じない人なら怒ってもおかしくはない茶化しソングなわけですが。

これを知ったロニーはDの事をいたく気に入り、それから親交するようになったのです!
ロニーが自分のPV「PUSH」に出演させてあげたり、逆にDの映画に出演して歌ってくれたり…
↓このロニー出演シーンはめっちゃ燃えますよね!

Tenacious D - Kickapoo (High Definition) Pick Of Destiny  


そんなわけで、この曲はロニーが亡くなった今聴くと胸がキュっとなります。
JBも心こめて歌っていて、感動しました。
いつかのライブではDIOのTシャツ着て歌っているのも見たことあります。



TENACIOUS D


『Roadie』
はローディー目線の曲。

俺がいなければこのアンプから音が出る事はない
俺がいなければこのステージの照明がつくこともない
でも君が俺に拍手をおくることはない
俺はローディー
魂を追い求める孤独の戦士


…こんなにローディーに焦点当てた曲って世界でこの曲ぐらいじゃないでしょうか(笑)


TENACIOUS D


今回のローディーはPVに出てくるレミーみたいなセバスチャンではなく、
ジャスティン・ビーバーみたいな子でした。
やたら前に出てきて、歌ってる最中も黙々とスタンドにピック挿してたりして笑える!
JBにギターかけてあげたり、タオルで頭ふいてあげたり、甲斐甲斐しくお世話してました。


そうこうしていると、
ギタリストにいつの間にか赤いスポットライトが当たって、なんかこーんな( ゚q゚)顔してる。
まるで何かに乗り移られたかのような…
この不穏な雰囲気、もしかして…


TENACIOUS D

ギタリストにサタンが降臨してしまった!焦る二人!

『Beelzeboss -The Final Showdown(サタン降臨)』
だーーーー!!!

これこれこれ!一番聴きたかった曲!!

Tenacious D "Beelzeboss" with lyrics
 

むっっっっっっちゃかっちょいいいいいいいいーーー!!!!!

KGの貞操を賭けた、サタンとのROCK対決。
ちなみにこの悪魔、デイヴ・グロール(FOO FIGHTERS/元NIRVANA)ですよ(笑)
よくやってくれるよこんな事!でもノリノリですね。
この劇的な展開、まさにロックオペラ。
これを生で聴けるなんて感無量…。


TENACIOUS D


ちゃんとバンドメンバーの紹介&ソロコーナーもあります。
みんな実力派で、めちゃ上手かった!

ギター:John Konesky ジョン・コネスキー
ドラム:Brooks Wackermanブルックス・ワッカーマン(Bad Religion)
ベース:John Spiker ジョン・スパイカー



TENACIOUS D


今回のツアーではドラマーはデイヴではなく、
Bad Religionのブルックス・ワッカーマンさんでした。


本編最後の曲は、ここじゃとても内容を書けないような歌詞の曲『Double Team』で一旦終幕!

アンコールは、『The Who Medley』
WHOは全然詳しくないので私はピンと来ないのですが(スミマセン笑)
好きなお客さんには垂涎もののメドレーだったようです。

Tenacious D - Who Medley live
 


そして最後の最後は…『Fuck Fer Gently』!!!
その曲で締めるんすか!!
男も女も(特に外人さん)、アレな歌詞をみんなで甘〜く大合唱するもんだからおっかしくて!
いやー、Dも最高だけど、お客さんのノリも最高ですね!

念願叶ってのTENACIOUS Dライブ、笑いだけではなく予想を上回るカッコよさで感激でした。
最後の方でJBは

「アリガトウ、スシ
 アリガトウ、カラテ、
 アリガトウ、ウニ、ウナギ」


と覚えた日本語を連発しまくっていて微笑ましく、とても嬉しかったです。
JBもKGもかなりの盛り上がりにグッときていたようだし、きっとDはまた来てくれる!

客の動員?んなもん知るかっ!?
(STUDIO COASTはちょっとデカすぎたんじゃないかなーとか思わないでもない)

TENACIOUS D

セトリの紙をもらった女の人に、写真を撮らせて頂きました!
記憶の混濁無くレポを書くことが出来ました。

…ん?あれ?
どこかでJBがBLACK SABBATHの「War Pig」を歌っていたハズなんだけど…
どこだったっけ?
あれー?えーと、えーと…

…………まあいっか!


TENACIOUS D Set List-2014.12.04
Shinkiba Sutdio COAST

1.Tribute
2.POD
3.Rize of The Fenix
4.Dude -I Totally Miss You-
5.Kyle Quit The Band
6.Friendship
7.Low Hangin' Fruit
8.Kielbasa
9.Kickapoo
10.Wonderboy
11.Simply Jazz
12.The Metal
13.Dio
14.Roadie
15.Beelzeboss -The Final Showdown-
16.Double Team

---
17.The Who Medley
18.Fuck Fer Gently


tyranny670 at 10:07│Comments(2)clip!音楽ライブ参戦 

この記事へのコメント

1. Posted by サスクワッチ   2015年01月21日 23:12
5 私も行きました!サイコーに楽しかったですね。The Whoファンなので二重の幸せでした。
2. Posted by てぃらにー   2015年03月07日 19:45
>>サスクワッチさん

2ヶ月越しのコメントでゴメンナサイ!m(_ _;)m
いやー、ほんと最高でしたね。
WHOメドレーは、ファンには更にたまらないご褒美でしょうね♪

会場の入りは余裕があったみたいだけど、二人ともすごくノリノリで喜んでくれていたみたいだったので、
またきっと来日してくれると信じています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター
声の仕事情報
◆日本香堂プレゼンツ インターネットラジオ「癒しの香ギャラリー」土曜DJ
月1回の更新で、毎週土曜0:00〜23:59まで
ストリーミング配信です。

◆「歌謡ポップスチャンネル」(スカパー! 329ch / J:COM 354ch)内、番宣CM 
日本で唯一の歌謡曲専門チャンネル「歌謡ポップスチャンネル」にて、番宣CM、チャンネルガイドのナレーションを担当しています。
演歌、70〜80年代のアイドル、フォーク&ニューミュージックの名曲をたっぷりお届けします。

◆FOXチャンネル/FOXスポーツ ミニスポット番組「FOX BREAK」にてナレーションを担当

◆「ISU四大陸フィギュアスケート選手権2016における国際ボランティア」レポートムービー&TOEIC Speaking & Writingの解説動画ナレーション
 
◆UCC DRIPPOD(ドリップポッド)
紹介ムービーナレーション



◆「ペン字の花道」紹介動画ナレーション
ギャラリー
  • 驚異の描写力と天才的発想力!アルチンボルド展@国立西洋美術館
  • 驚異の描写力と天才的発想力!アルチンボルド展@国立西洋美術館
  • 驚異の描写力と天才的発想力!アルチンボルド展@国立西洋美術館
  • 驚異の描写力と天才的発想力!アルチンボルド展@国立西洋美術館
  • 驚異の描写力と天才的発想力!アルチンボルド展@国立西洋美術館
  • 驚異の描写力と天才的発想力!アルチンボルド展@国立西洋美術館
  • 驚異の描写力と天才的発想力!アルチンボルド展@国立西洋美術館
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
  • 癒ギャラ散歩「和のあかり×百段階段2017」@目黒雅叙園
月別アーカイブ
記事検索
動画:AIR-RAID SIREN
ブルース・ディッキンソン ソロ時代バンド
AIR-RAID SIRENの演奏動画です。

[AIR-RAID SIREN] Bruce Dickinson cover Live at Koenji (Full show)


Trumpets Of Jericho - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


King In Crimson - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Chemical Wedding - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Laughing In The Hiding Bush - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Tears Of The Dragon - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Road To Hell - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]


Accident Of Birth - Bruce Dickinson cover [AIR-RAID SIREN]



[AIR-RAID SIREN] King In Crimson - Bruce Dickinson cover


[AIR-RAID SIREN] Accident of Birth - Bruce Dickinson cover


[AIR-RAID SIREN] Tears Of The Dragon - Bruce Dickinson cover


  • カテゴリ: